ハイドロキノンで洗顔しながら美白ゲット!やっとみつけた最強洗顔料

肌綺麗になりたいー!これは女性にとって大きな悩みですよね。

肌が汚いとといくら化粧しても、化粧ノリが悪いし、粉浮きし、逆に汚く見えるし、かと言ってすっぴんは恥ずかしいし…

あなたは肌をきれいにしようと思ったらときに、何からはじめますか?

化粧水、クリーム、サプリ、食事、フェイシャルエステなどいろいろなところから肌にアプローチができますが、私がおススメするのは、洗顔です!!

私は重度の乾燥肌で、保湿をしても、皮剥けがすごく、肌のくすみ、シミ、毛穴がとっても気になっていました。

↑その時の実際の肌↑
お見苦しい写真をお見せしてすみません。

ですが、肌の調子がいい友達にまずは、洗顔の見直しが大切だよっと言われ洗顔の見直しをしてみたところ、乾燥、くすみ、シミの改善が感じられました(;_;)泣

薬と違って次の日に毛穴ゼロに!ということにはなりませんが、その分低刺激で、ゆっくりじわじわ確実に効いていきます。

騙されたと思って、使い続けると気がつくと肌が劇的に変わってきますよ。

洗顔料の見直しってなんで必要なの?洗顔料なんてどれも同じじゃないの?と思われるかたも多いと思います。私もその1人でした。

今回は洗顔の大切さ、洗顔料の選び方などについてお話をしていきます。

スポンサーリンク

洗顔の目的とは?

洗顔なんの目的でしますか。

1番は皮脂などのいらない油分を取り除くことです。

洗顔をしっかり行わないと、お肌の古い油(皮脂)は、空気と触れることによって、酸化し、肌の黒ずみの原因、または、老化(シミ、くすみなど)の原因になります。

これで、洗顔をあなどってはいけない理由がわかったと思いますが、じゃあ具体的にはどのように洗顔をするのが正解なのでしようか。

正しい洗顔方法


皮脂が肌の老化を進めるなんて知ったら、どうやって洗えばいいのーって悩んでしまうかもしれませんが、そんなに難しいことはありません。

キーワードは低刺激です。

刺激となるようなことはやめて、優しく洗います。

顔の肌の薄さ2ミリほどと言われており、だいたいラップほどの厚さしかないと言われています。

ついついやってしまいがちなお肌に負担となること

icon-check-circle 熱いお湯で洗う
icon-check-circle 冷たい水で洗う
icon-check-circle シャワーを直接かける
icon-check-circle すすぎ残し
icon-check-circle キメの細かくない泡で洗う

これらはお肌に刺激となってしまうのでやめましょう。

低刺激 お肌の正しい洗い方

ポイント1
しっかり泡だてた濃密な泡で洗う

泡のクッションで摩擦を防ぐために、しっかりと泡立てることが大切。理想はは手を逆さにしても落ちないくらいの濃密さ。刺激を与えないだけではなく、吸着力の高い泡が、古い角質や毛穴の汚れを吸い取っていきます。

ポイント2
手じゃなく泡で洗うイメージ、やさしい力加減で洗う

泡をクッションにしながら、とにかくやさしく。理想は“肌が動かない程度”の弱い力。

ポイント3
30~34度のぬるま湯でやさしくすすぐ

めんどくさいからってすすぎをシャープーでジャーと顔にかけるのはNG 刺激が強いです。かといって、洗顔料のすすぎ残しは刺激となるので、手で丁寧にすすいでいきましょう。

ポイント4
洗顔時間は1分を心がける

優しく、優しくとずっと洗っているのも、皮脂を取りすぎる、洗顔料が刺激となり、肌に良くありません。泡を肌にのせてから、だいたい1分を目安にして下さい。

以上が正しい洗い方です。

ポイント1にもあったようなきめ細かな泡を作るのには、とっても時間がかかってしまいます。

家事に、子育てに忙しい人たちの味方、泡だてを楽にしてくれるアイテムをご紹介します!忙しい人必見!

泡立てを楽にしてくれる便利グッズ

1泡だてネット

Amazonでチェック

こちらの泡立てネット、きめ細かい濃密な泡ができると口コミ多数。

2あわわ

Amazonでチェック

IKKOさんがオススメしたことで、話題のアイテム。
洗顔料をつけ、上下にシャカシャカすることで、簡単にCMのようなふわふわな泡が作れます。

3パナソニック 美顔器 濃密泡エステ ピンク調 EH-SC50-P

Amazonでチェック

こちら、自分で泡立てる必要がなく、洗顔料をセットし、ボタンをおすだけで、電動で泡立ててくれる、洗顔ブラシ。

これらのアイテムを上手く利用し、濃密な泡洗顔を心がけましょう。

洗顔料の選び方

洗顔料なんてどれも一緒でしょっと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

入っている成分が違ければ、効能も違うし、洗浄力も違います。
私たちはお風呂場と、お皿で洗剤を分けるのと同じように、その人、その人によって洗顔料を選ぶ必要があります。

では、気になるその選び方をご紹介いたします。

ポイント1
自分の悩みにあった有効成分のはいっていること

私の場合
くすみ、しみ、毛穴が気になるので美白成分が入っているものに注目です。

ポイント2
低刺激であること つっぱらない 皮脂をとりすぎない

ポイント3
乾燥肌の私にとって保湿成分もかかせません。

ポイント4
汚れがしっかりとれること いくら低刺激でも汚れがしっかりとれなければ洗顔料の意味がありません。

ポイント5
コスパがいいこと

こんなわがままな私の要求に応えてくれる洗顔を見つけたので、ご紹介します。

おすすめ!美白効果あり!オススメ洗顔料

ポイント1 肌の漂白剤ハイドロキノンで美白、くすみ、毛穴に効果あり

ハイドロキノン?なんじゃそりゃ?って思う人もいると思います。

ハイドロキノンとは肌の漂白剤とも呼ばれ、美白に1番効果があると私はおもっている成分です。

またハイドロキノンを知っている人は危険じゃないの?と思うかもしれません。

わからない人のために理由をご説明します。

Qハイドロキノンって危険じゃないの?
ハイドロキノンはクリニックなどで処方してもらい、シミなどが気になるところにハイドロキノンを塗布し、肌を白くし、トレチノインという薬でターンオーバーを早めて、治療を行います。肌の漂白剤とも言われるハイドロキノン、副作用として白斑になってしまったり、皮向けしたりします。

このハイドロキノン療法を想像するので副作用は?危険じゃないの?と思うかもしれませんが、トレチノインは含まれてないので、安全ですし、ハイドロキノンの濃度を抑えているので、そのような副作用はなく、安心して使えるのです。

※ハイドロキノンの濃度は抑えていますが、ほかの美白成分がハイドロキノンをサポートするので、高濃度のハイドロキノンと同等の美白力が望めます。

ポイント2 肌に悪い成分は不使用なので、低刺激!敏感肌の私でも安心して使える

つぎに、低刺激に関してですが、パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、着色料は含まれていないので、肌に優しい。

パラベン→無臭の石油から生成できる成分の一つです。広範囲の微生物の繁殖を防ぐことができ、化粧品の防腐剤、食品の保存料として広く使用されています。

合成香料→これらの多くが、石油から作られるエチレンやアセチレンなどからできていて、敏感肌の方のお肌には、強い刺激になる可能性があります。

着色料→着色料に使われるタール色素は、アレルギーやアトピーを引き起こす一因になっている可能性が指摘されているもので、敏感肌の方が使用するべきものではありません。

ポイント3 保湿力が高いので、乾燥肌の私にぴったり!

使った感想として、保湿力も高い。使ったあとつっぱらない。
保湿成分ヒアルロン酸Na配合

ヒアルロン酸Na
保湿成分の代表で、真皮の構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えている成分で、弾力性をもたらしています。

ポイント4 炭の成分が汚れをしっかり吸着!

炭の成分が含まれているせいか、汚れの吸着率もよかったです。


汚れの吸着力が高く、強力な抗菌力を持つ活性ケイ酸が含まれているほか、豊富なミネラル分が肌に潤いを与えます。

ポイント5 コスパ抜群!まとめ買いでさらにお得に!

気になる値段ですが、1つ2000円、2つ2500円(1つあたり1250円)、3つ3400円(1つあたり1133円

こんだけ贅沢な成分なのに、安い!しかもまとめ買いだとさらにお得なので、私は3つ購入!!

わたしは、しっかり泡立てて全身に使っちゃっています。

美白にはやっぱりハイドロキノンですわー。

オススメです♩

くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」

コメントの入力は終了しました。