いちご鼻を洗顔で改善する方法!洗顔料の選び方【ハイドロキノン】

鼻は顔の真ん中にあるし、いちご鼻は女性にとって気になりますよね。
私も重度のいちご鼻でしたが、洗顔を改めたところいちご鼻がマシになってきたので、その方法を共有したいと思います。

いちご鼻で悩んでいる人必見です。

スポンサーリンク

いちご鼻を洗顔で改善する方法!洗顔料の選び方【ハイドロキノン】

洗顔はスキンケアの基本中の基本!
まずは洗顔料を見直しました。

私はいままで泡で出てくるタイプの物で適当に洗っていましたが、洗顔料は自分の悩みにあった成分の入った物を使うべきだと感じました。
油汚れの食器と水垢に効く洗剤が違うように使い分けが大切です。

私が悩んでいるのは『いちご鼻』
いちご鼻(黒ずみ)には美白成分(ハイドロキノン)が効果ありです。

私が実際に使っている洗顔料を紹介します。

くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」

この洗顔料のいいところ【私に合っていたところ】は以下の4つです。

1.美白成分【ハイドロキノン】で鼻の黒ずみ、くすみがマシになった
2.刺激物が入っていないため乾燥、敏感肌の私でも問題なく使えた
3.使った後乾燥しにくい【冬でもOK】
4.コスパがいいのでリピート確定

1.美白成分【ハイドロキノン】

ハイドロキノンは美白に興味が気になる人なら知っている人も多いはず。
肌の漂白剤とも呼ばれ、学会ではスキンケアで効果があるのは日焼け止めと保湿とハイドロキノンとレチノールのみ!と断言しているところもあります。
そのぐらい肌の美白成分として効果が高いです。
メラニン色素の生成を抑制し、次にできるシミの予防にお役立ちます。
ハイドロキノンは効果が高い分、副作用として白斑になってしまったり、皮向けしたりするため、医薬品扱いでクリニックなどで処方してもらうのが一般的です。

ハイドロキノンの副作用は大丈夫なの?
ハイドロキノンの治療ではハイドロキノン【美白】+レチノール【ターンオーバーの促進】を使いますが、レチノールが入っていないため、副作用は少ないです。
また、ハイドロキノンの濃度を低くし安全にし、ハイドロキノンの濃度を抑えたかわり他の※美白成分がハイドロキノンをサポートするので、高濃度のハイドロキノンと同等の美白力が望めます。

※配合されている美白成分

・デカペプチド12:メラニンの生成に関わるチロシナーゼを抑制する美白成分
・ビタミンC誘導体:コラーゲンを生成し、メラニン色素の沈着抑制と除去
・パール粉末:たんぱく質、コンキオリンが血行促進、保湿、美白に効果あり

低刺激であること、つっぱらない、皮脂をとりすぎない

私はホテルの洗顔料が肌に合わず乾燥したり、皮むけしたりとにかく洗顔料の合う合わないがあって大変なのですが、この洗顔料は刺激物とされる※パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、着色料は含まれていないので、肌に優しい。

パラベン→無臭の石油から生成できる成分の一つです。広範囲の微生物の繁殖を防ぐことができ、化粧品の防腐剤、食品の保存料として広く使用されています。
合成香料→これらの多くが、石油から作られるエチレンやアセチレンなどからできていて、敏感肌の方のお肌には、強い刺激になる可能性があります。
着色料→着色料に使われるタール色素は、アレルギーやアトピーを引き起こす一因になっている可能性が指摘されているもので、敏感肌の方が使用するべきものではありません。

保湿力が高いので、乾燥肌の私にぴったり

とにかく使ったあとつっぱらない。
その理由はたくさんの保湿成分配合と、『枠練り製法』にあります。

※枠練り製法:一般的な機械製法では材料を機械で練り、大量生産が可能なため、製造コストを抑えることが可能というメリットがありますが、原料の98%を石鹸素地にする必要があるため、他に保湿成分や香料を配合しようと思っても、残りの2%程度しか配合できません。
それに比べ枠練り製法は手作業のためコストはかかりますが、石鹸素地を60〜70%に抑えることができるため、残りの30〜40%を使って、さまざまな保湿成分や美容成分を配合し、個性的な石鹸を作ることが可能です。

「機械練り石鹸」と「枠練り石鹸」の違い

使用されている保湿成分

ヒアルロン酸ナトリウム:真皮の構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えている成分で、弾力性をもたらしています。
スクワラン:天然の保湿剤で、人の皮脂膜にも含まれる成分のため、皮膚への親和性・安全性が高く、肌を守る働きがあります。
カモミラエキス:肌に優しく保湿作用があり、肌を正常に整える働きを持っています。シミやそばかすの改善にも効果があり、化粧品やコスメにも多く使用されています。

汚れがしっかり落ちる

炭のパワーで汚れの吸着力が高いため、頑固な角栓をとってくれる。


画像引用元・https://osakadou.cool/detail/018208_bihakuen_hydroquinone_soap.html

コスパ抜群!まとめ買いでさらにお得

いくら物がよくても消耗品に高いお金はでせないですが、1つ2000円、2つ2500円(1つあたり1250円)、3つ3400円(1つあたり1133円
こんだけ贅沢な成分なのに、安い!しかもまとめ買いだとさらにお得なので、私は3つ購入しています。
その方が振込手数料もお得になります。

わたしは、しっかり泡立てて全身に使ってますが、石けん1つで3ヶ月はもちます。
体も最近乾燥しにくく、くすみが目立たなくなりました。

実際に使った人の口コミ

この商品は、コールドプロセスで作られているようです。
コールドプロセスで作られた石鹸は、保湿力が高いので、しっとりします。
(石鹸作りしていたのでよくわかります。^^)
ですが、とても、手間のかかるものなので、値段は高くなってしまうのは、仕方ないかな^^;
あと、ハイドロキノンは、漂白剤なので実際長期の使用では、肌は白くなる。
が、お日様にはしっかり注意が必要です。
あと、朝に使用は避けた方がいいと思います。
シミができやすくなるかもしれません。
洗顔はもとより、使用後は、しっかり石鹸成分を洗い流しましょう^^v

60代ですが一個使い終わった時点で顔色のトーンは一段階明るくなり 長年の肝斑もヒビ割れて小さくなりました。一番分かるのは手の甲で 滑らかに白くなりシミも目立ちません。デコルテも綺麗になり使い続けるのが楽しみです。

3回目の購入です。
1回使い終わったぐらいには肌のトーンが1段階上がる様に白くなったと思います。
個人的にはですが副作用で赤く腫れたりも全くなく3ヶ月以上も持ったのでコスパも良くとても使いやすいと思いました!

さらに口コミをチェック

まとめ

ハイドロキノンは美白作用はしっかり認められていて、クリニックでも実際に使用されるほど。
肌によって合う合わないはありますが、私のいちご鼻にはハイドロキノンソープが合っていました。

毛穴、シミ、くすみ、いちご鼻

このようなことに悩んでいる人にはオススメです。

コメントの入力は終了しました。