膝の黒ずみを消したい!何をやっても効果なし?やっとみつけた方法を紹介


ひざの黒ずみなんとかしたーい!!

ひざが黒いと、夏足を出すこともできないし、水着を着るのも恥ずかしいし、なんとかしたい!

そう思い、ピーリング、美白クリーム、重曹・・・など、いろいろなことを試しましたが、効果がありませんでした。

スポンサーリンク

そもそもなんでひざって黒ずむの?色素沈着のメカニズム

ひざの黒ずみの正体、それはずばり、色素沈着!!

黒ずみの原因のたいていは、これです。

では、色素沈着ってなんで起こるのでしょうか。
今更だけど、意外と知らない色素沈着のメカニズムをわかりやすく図にしてまとめてみたので、ご覧ください。

色素沈着のメカニズム

色素沈着の原因

それは、刺激です!!

刺激を受けた肌ではどんなことが起こっているの?

わかりやすく図にしてみたので、ご覧ください。

まずはじめに登場人物のご紹介。

登場人物:
➀刺激(摩擦、紫外線など)
➁メラニン(肌の防衛隊、でも肌を黒ずませる性質を持っています。)

⓵刺激から肌を守ろうとして、肌の防衛隊であるメラニンが生成されます。

➁メラニンが肌を刺激から守ってくれます。

➂肌の刺激を守り終え、役目を終えたメラニンは、肌のターンオーバーによって流されていきます。

➃元のきれいな肌に戻ります。

これが、刺激が起こった際の肌で起こっていることです。
メラニン=悪者のイメージがついている人も多いかと思いますが、実は肌を刺激から守っていくれる大事な役割があったのです。

あれ?刺激を受けても肌はターンオーバーによってきれいになるのだったら何の問題もないんじゃないの?と思うかもしれませんが、黒ずむかどうかは、刺激の強さ=メラニンの量によって決まります。

敵(刺激)が強ければ、こちらも強い守備力(メラニン)が必要になるので、刺激が強ければ強いほど、大量のメラニンが生成されるのです。

強い刺激の場合

⓵強い刺激から肌を守ろうとして、肌の防衛隊であるメラニンが大量に生成されます。


➁メラニンが肌を刺激から守ってくれます。

➂メラニンが大量に生成され、肌のターンオーバーで追い付かず、メラニンが肌に蓄積します。

➃メラニンは肌を黒ずませる性質を持っているので、肌に残ったメラニンによって肌は黒ずんでみえます。
これが黒ずみの原因です。

色素沈着の仕組み、お分かりいただけたでしょうか。
日焼けしてもまた白い肌に戻れるのはこのターンオーバーのおかげです。
ですが、年中日サロなどで日焼けを繰り返している人は、肌のターンオーバーが追い付いていない状態です。

刺激がなければ、メラニンも生成されないので、まずは、膝の刺激対策が大切です。

膝の刺激になることとは?

icon-check-circle 摩擦
関節であるひざは、頻繁に曲げたり伸ばしたりされるので、衣類などによって摩擦が起きやすい場所です。摩擦などの刺激を受けると、肌を守る為に角質が厚くなったり、メラニン色素が作り出されます。メラニン色素が溜まっていくと、色素沈着を起こすので、黒ずみとなります。

icon-check-circle 乾燥
ひざは皮脂腺が少なく、皮脂や汗がほとんど出ないので、乾燥しやすいパーツです。乾燥したままにしておくと、刺激を受けやすくなり、黒ずみを引き起こします。

icon-check-circle 日焼け
ひざは出っ張っているので、紫外線を浴びやすいのです。紫外線を浴びると、メラニンの生成が活性化されるので、黒ずみの原因になります。

他にも、加齢によるたるみ、肌のターンオーバーの乱れ、皮脂汚れなども、ひざの黒ずみの要因と考えられています。

ひざの黒ずみ対策

予防

icon-check-circle 摩擦を無くす

日常生活で、膝の刺激となることをやめる意識を持つようにしましょう。

・膝をついて歩く
・ジーパンで擦れる
・スポーツで転ぶ

icon-check-circle 保湿
意外と乾燥しやすいので、お風呂上りにしっかり保湿をしましょう。
オススメは角質を柔らかくする尿素の成分が入ったもの。

私の知っている中では、一番尿素配合率が高いクリームです。
薬局で買える医薬品クリームです。Amazonで買うとお得ですよ。

amazonでチェック

口コミをチェック

昔から、皮膚のガサガサにはこれ。
肘や膝、踵の角質が肥厚しやすいところに塗っています。
寝る前に塗ると、翌朝、前日とは違う柔らかさを感じられます。
何日か連続して使用すると、踵も薄くなってきますよ。

看護師の友人が一番保湿されるとオススメしてくれました!
お風呂上がりは、かかと、膝、肘、手に使っています。
どこも乾燥知らずになりました。
もう何個リピしたかわかりません!
乾燥で困っている方にほんとうにオススメします。

肘やひざの乾燥に効果がありました。
冬は白く粉をふきやすい肌が、少し落ち着きました。。

@cosmeでさらに口コミをチェック icon-chevron-down

icon-check-circle 日焼け対策

足を露出するときは忘れずに塗りましょう。
関節で、日焼け止めが取れやすいのでこまめに塗りなおすようにしましょう。

ひざの黒ずみを消すために試すこと

先ほどは、これ以上黒ずみを作らないための、対策を紹介しましたが、今度は、黒ずみを消すためのことを紹介します。

色素沈着、黒ずみにはやっぱりハイドロキノンです。

ですが、顔に使用する際はいつもハイドロキノンの効果を実感できるのですが、1本使いきった結果、ひざには効果が感じられませんでした。

使ったのは、いつも愛用しているこちらのハイドロキノンです。

ユークロマ

顔には効果があるのに、膝に効果がないのはなんでだろう?

と考えた結果、角質だとおもいました。

ひざは顔と違って刺激によって、角質が厚くなってハイドロキノンをせっかく塗っても成分が届いてないのでは?

そこで、まず角質を柔らかくするピーリングを取り入れることに。

使用するのはピーリングで定評のあるグライコクリームです。

といことで、まずグライコクリームでまず角質を柔らかくする→ハイドロキノンで美白

と、変更をしていくことにしました。

また追記します。

コメントの入力は終了しました。