ヘリオケア ウルトラジェルとは?絶対焼きたくない人必見の最強日焼け止め!

暑くなり、紫外線が気になる季節になりました。
紫外線対策、日焼け対策をしようと思った時にまず、思い浮かぶのが、「日焼け止め」だと思います。

紫外線は1,000円以内で買えるものもあれば、5,000円相当のものまであって、「安いものは効果ないの?」
「どれが本当に効くのか?」悩んでしまします。

そこで、安いものから高いものから使用した私がオススメな日焼け止めを紹介します。

日焼け止めのメカニズムとは?どうやって紫外線から守っているの?

まずはじめに意外と知らない日焼け止めのメカニズムについて説明します。
興味のない人は飛ばしてください。

日焼け止めクリームには紫外線防止剤が含まれておりこれが紫外線から肌を守るポイントになります。

紫外線防止剤とは?紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いとは?

紫外線防止剤には2種類あります。
1つは、金属酸化物などの微粒子で紫外線を物理的に遮断する紫外線散乱剤と、紫外線を吸収して熱などのエネルギーとして放出する紫外線吸収剤があります。

紫外線散乱剤は、物理的な仕組みで紫外線を散乱・反射させます。
紫外線が皮膚に届く前に散乱・反射されるので、皮膚を紫外線から守ることができます。

紫外線吸収剤は、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換し放出することで紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

化合物によって吸収する紫外線の波長領域が違うため、紫外線が肌に侵入しないよ複数の化合物が配合されています。
使用しているうちに化合物そのものが化学変化を起こして、かゆみや肌荒れを起こす場合もあるので肌が弱い人は注意が必要です。

スポンサーリンク

SPFやPAって何?2つの違いとは?

日焼け止めを使用したことがある人は聞いたことがあるであろう、SPFやPA、でもよく知らずにとにかく高いやつを選べば安心♪と思っていませんか?
意外と知らないSPFとPAについて説明します。

SPFやPAは紫外線防止剤の効果を示します。

肌に影響を及ぼす紫外線にはUVAとUVBがあるのですが、SPFはUVBに、PAはUVAに効果があります。

UVA・エネルギーが弱いため浴びている実感はないが、窓や服も通過し老化の原因となる
UVB・エネルギーが強くじりじりと熱く皮膚がんなどの原因となるが、服や壁を通過できないもの

SPF

紫外線のUVBで皮膚に赤い斑点が現れるまでの時間を何倍まで長くできるかを表したものです。

例・何も塗らないと20分で皮膚に赤い斑点が現れる人がSPF15の日焼け止めを塗った場合、
  20×15=300分、すなわち5時間日焼け止めの効果を得られるということになります。

PA

3段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表しています。

PA+ UV-A防御効果がある
PA++ UV-A防御効果がかなりある
PA+++ UV-A防御効果が非常にある

SPFやPAが高いということは紫外線防止効果が高いということですが、その分だけ皮膚への負担が大きくなることを忘れてはいけません。
子供のように肌が弱い人向けにはSPFやPAが低めのものが多いです。
生活に合わせてSPFやPAを使い分けて選ぶのがおすすめです。

絶対焼きたくないなら、ヘリオケア ウルトラジェルを使うべし!

日焼け止めのメカニズムやSPFやPAについて理解したところでおすすめ商品を紹介します。
これの何がすごいかというと、とにかく焼かないことです!!!!!

私は学生時代テニス部でした。
そこで、日焼け止めをあれやこれやと試し、SPF90のものを使って、こまめに塗り直してもやっぱり焼けるんですよね。
靴下との境が日焼けでくっきり!
室内で靴下を脱いでも、「靴下脱ぎなよ!」と日焼けをからかわれるほど・・・(苦笑)

若い頃は日焼けしても、肌の色が気になるくらいでそこまで気にしていなかったのですが、最近は紫外線による肌ダメージ、老化がとにかく気になるのでちょっと値段を出してでもちゃんと肌を守ってくれるものを選ぶことにしました。

紫外線の恐ろしさに関しては前回の記事で説明しているのでCHECK★

 本音の美容ブログ
本音の美容ブログ
http://honnebiyou.com/2019/05/14/post-589/
Real beauty blog

焼かない秘密!ヘリオケア ウルトラジェルの成分とは?

ヘリオケアウルトラジェルSPF90は、日焼け防止のために開発された特許成分Fernblockを高濃度で含有しています。

★Fernblockとは?
スペインのCantabria Labs社の開発グループらにより、紫外線対策を目的として開発された特許成分です。

・成分
古来よりネイティブアメリカンの間で肌トラブル対策に使用されてきたシダ植物の一種、ダイオウウラボシの抽出物をもとにつくられました。

ダイオウウラボシ(PLエキスの効果)

1.抗酸化作用

紫外線は皮膚癌や日光弾性線維等の疾患の原因となるROS(活性酸素)フリーラジカルを発生させます。
PLエキスは強力な抗酸化作用を持ち、UV照射によって起こるフリーラジカルや活性酸素の発生を抑制することで、皮膚癌や日光弾性線維等の疾患から守ります。
また、活性酸素は細胞を酸化させます。細胞の酸化とは、体がさびて老化すること。紫外線による活性酸素のはたらきを抑えることは、皮膚の老化を抑制することができます。

2.免疫防御作用

皮膚は生体最前線のバリアで、外界の刺激から私たちの体を守っています。
皮膚の免疫に直接関係する皮膚細胞と内因性分子の保護ができることによって、紫外線から私たちの体を守ります。

3.細胞DNA保護作用

紫外線はDNAの損傷ももたらします。DNAが損傷すると、細胞の死や、老化、突然変異の原因となります。
PLエキスは紫外線照射によって生じる日焼け細胞の数を減少させ、DNA損傷を抑える効果があります。
このことにより、皮膚癌などの皮膚傷の予防ができます。

4.皮膚構造の保存

紫外線を浴びることによって光老化が起こります。光老化とは、光を長年浴び続けることによってひき起こされる肌のしみ、しわ、たるみなどの皮膚の変化のことです、光老化は加齢による老化とは異なり、紫外線を浴びた時間と強さに比例すると言われています。
この光老化から守る働きがあります。

では実際に使ってみた人の乾燥をCHECK★

実際に使った人の口コミ

すぐに日焼けしてしまう肌で、UVクリームの効果がほとんどないので、期待半分で購入しましたが。。
これとてもいいです。焼けないと白くなったような気までします。
ちょっとお高めですが、リピートすると思います。

クリニックで購入すると5000円するので、安く購入することができとても助かりました。
この商品は、日焼け止めにありがちな白浮きもしないので気に入っています。

フィリピンに旅行に行き、マリンスポーツをしました。この日焼け止めクリームと飲む日焼け止めを使用しました。かなり日射しが強かったのですが、赤くなることも、焼けることもなっく、無事に過ごせました。
クリームの香りも、きつくなく良い香りです。塗るとテカりがあるのですが、艶やかな肌になってくれるので、小じわが目立たなくなるのが、逆に良いです。

パッケージ自体ががっちりして、重量感があります。中身はジェルとありますが、薄いピンクのクリームです。よくのびるので、一回にパール大で顔全体と首まで付けられます。塗った直後は、白いなーと思いましたが、上からパウダーファンデをたたけば気になりません。
5月の晴天な日、終日外にいた日もありましたが、顔と首には日焼けをしませんでした。
塗り忘れた手だけが黒いです(^^;

オオサカドウでさらに口コミをCHECK★

私が使った口コミ

ヘリオケア・ウルトラジェルの使用感

伸びがよく塗りやすいです。
ジェルと言うよりはもう少し重めのテクチャーでクリームという感じです。

今までの日焼け止めを塗った時に感じる乾燥しないし、顔の突っ張りがないところがとてもいいです。
落とすときは、顔はいつも通りのクレンジング、体は普通にボディーソープで洗っているだけですが翌日毛穴に詰まったり残っている感じはありません。

焼けない!!
とにかく焼けないです。
今までの日焼け止めは何だったのだろうという感じです。
私はハワイに行くときにつけましたが、お土産を友達に渡すときにあまりに焼けてなくて本当に行ってきたの?といわれるほどでした。(笑)

ヘリオケア・ウルトラジェルのデメリット

塗るとテカることですかね。でも私は乾燥肌なのでさほど気になりません。
逆にツヤが出てちょうどいいです(笑)
夏場はこの日焼け止めを塗って、ファンデーションはなしで気になるところにだけコンシーラー、そして、パウダーをはらうといい感じです。
日焼け止めの上に無色の日焼け止めパウダーを使用している人もいるみたいです。

とにかくテカリが気になるときは、+粉で解消できると思います。

香り
甘めのココナッツのようなにおいがします。
私はそこまで苦手ではありませんが、人によっては気になるかもしれません。

目に入ると痛い
ほかの口コミでも見かけることが多かったですが、目に入ると痛いです。
なので汗はこまめに拭くように心がけてます。
スポーツをする人は目の周りの塗り方に注意が必要だと思います。

ヘリオケア・ウルトラジェルの値段は?

3,720円 (1本)
8,960円 (3本 1本あたり約2.986円)

私は紫外線が強い外にがっつり出るときだけ使用してます。
理由は強力な分、SPFの数値が強い(肌の負担が大きい)ことと、お値段です。

あとは飲む日焼け止めやママはぐ(子供用日焼け止め)で過ごしていますが1年を通して全然焼けません。

まとめ

私はスキンケアで一番大切なのは、保湿と紫外線対策だと思っています。
いくら日ごろアンチエイジングの化粧品にお金をかけていても、老化の原因紫外線対策を怠わっていては本末転倒です。

人によっては日焼け止めに3000円なんて高い!と思う人もいると思いますが、10年後、20年後光老化するかしないか変わってくるので私は紫外線対策に力を入れています。
今までの日焼け止めに満足できない人、本気で焼けたくない人におすすめの日焼け止めです。

また私は、日焼け止めだけではカバーできない部分は飲む日焼け止めで補っています。

 本音の美容ブログ
本音の美容ブログ
http://honnebiyou.com/2019/05/14/post-589/
Real beauty blog