ハイドロキノンの副作用が怖い人必見!デメランクリームで美白を目指す!

美白といえばハイドロキノン!肌の漂白剤といわれるハイドロキノンは高い美白効果から美容マニアさんなら知っている人も多い成分です。
肌を白くするハイドロキノンとターンテーブルを促すトレチノインを使って美白を目指す人も多いと思います。

ですが、気になるのは副作用・・・
かぶれやトレチノインによる皮むけが気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は!!

美白を目指したいけど、ハイドロキノンを使用するのはちょっと怖い…
ハイドロキノンを使ったけど自分には合わなかった…
目の上、脇、乳首などにハイドロキノンを使うのはちょっと怖い…

そんな人向けにハイドロキノンが配合されていない美白商品、デメランクリームを紹介します。

デメランクリームとは

デメランクリームは色素沈着の改善を目的とした美白クリームです。
※刺激物であるハイドロキノンは含まれていないのがポイントです。

デメランクリームの成分とは?

・アルブチン、コウジ酸
・グリコール酸

成分がどのように作用するのか説明します。

アルブチンとコウジ酸の効果とは?ハイドロキノンとの違いは?

アルブチンとはコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然成分です。

アルブチンは、メラニン色素自体の生成を抑制します。

紫外線やストレスにより活性酸素が発生すると活性酸素がメラニンを作る場所(メラノサイト)を活性化します。
すると、メラノサイトがメラニンを作り出す酵素(チロシンキナーゼ)の働きを活性化させ、メラニンが過剰に生成され、シミとなります。

ハイドロキノンはこのできてしまったシミの元であるメラニン色素を除去する働きがあるのに対し、アルブチンはチロシナーゼの働きを阻害しメラニンの生成を抑制する働きがあります。

できてしまったものを除去するのがハイドロキノン
そもそもできないようにするのがアルブチン

同じ美白効果のある成分ですが、働きが違います。

また※コウジ酸にもアルブチンと同じく、チロシナーゼの働きを阻害しメラニンの生成を抑制する働きがあります。

※コウジ酸・その名の通り麹から発見された化合物のことを言います。

アルブチンの作用の仕方の図解

また、アルブチンが配合された化粧品などを使用する際は、ピーリング効果のあるものと合わせて使用することで、より効果が高まります。

アルブチンを使用し、メラニン色素の生成を抑制したり除去したりしたとしても、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅いとなかなか透明感のある理想の肌に近づくことができません。
ピーリングは皮膚の古くなった角質を取り除き、ターンオーバーを促進させる効果があるため、アルブチンと一緒に使用することで、より美白効果を高めてくれます。

そこで登場するのがグリコール酸です。

スポンサーリンク

グリコール酸の効果とは?

グリコール酸は砂糖作物に関連しており、サトウキビ、テンサイ、パイナップル、カンタロープ、および未成熟のブドウに含まれる成分です。
グリコール酸はフルーツ酸(AHA)の中で最も分子が小さいので、肌に素早く吸収され、短時間で目に見える効果があらわれるのが早いという特徴があります。

グリコール酸にはピーリング作用があります。

そのため、グリコール酸は一般的に毛穴の汚れを取り除き、ニキビを治すために使われます。(ケミカルピーリング)

これは、グリコール酸には強力な角質除去作用があるためです。
皮膚細胞を埋め尽くし、毛穴の黒ずみや皮脂の原因となる古い角質をきれいにする働きがあります。

また、グリコール酸によってコラーゲンの生成が促進され、肌の外層が厚くなるので、色むらのないふっくらした肌になることを示す研究結果も存在しています。

このように、デメランクリームはアルブチンとコウジ酸によるメラニン生成抑制効果とグリコール酸によるピーリング効果で、美白を目指せる商品です。

デメランクリームの値段

1,606円(1本 20g)
2本 2,621円(1本あたり約1,310円)

デメランクリームの使い方

適量を患部へ塗布してください。
最初の1週間は、2日に一度の使用を推奨いたします。

ピーリング作用があるため、肌が普段より日焼けしやすい状態になるため、日中はSPF30以上の日焼け止めをお使いください。

デメランクリームを実際に使った人の口コミ

効き目はトレチノインのようなポロポロの皮むけなどなくとってもマイルドですが、確実に肌が再生されます。効果が分かったのはお尻で。お風呂上がりにいつもなんとなく塗っていたのですが2ヶ月くらいして気づいたら割れ目や太ももあたりの黒ずみがなくなっててビックリするほど真っ白ツルツルでした!
顔はそんなに頻繁に塗っていないのですがお尻の激変に気づいたのでもっとマメに塗ってみようかと思っています

1本目を1ヶ月半位で使い切り、2本目を開けた所です。グライコと似たような使用感と効能ですが、こちらのデメランは、さらになめからな肌触りで、毛穴が目立たなくなりました。ほっぺたの肝斑のシミのもメラケアを塗って皮むけした後に塗ってリセットをしているうちに確実に
薄くなり始めました。化粧下地として日焼け止めの前に塗ると、1日中化粧崩れをせずにキメの整った状態でいられます。もう、手放せないアイテムのうちの一つです。

レチノールとハイドロキノンのお休み期間に使っています。
レチノールで肌むけしたくない時に、デメランクリームの後にハイドロキノンを使っています。
肌がツルツルになって、シミも薄くなってきました。

一生使いたい。ニキビ跡が無くなればと購入しました。毎朝洗顔の時に手触りがツルンと茹で卵のようで、子供の頃の肌に戻ったみたいです。ニキビ痕は完璧には無くなっていませんが、そんなのどうでも良くなる程の手触りです。使い続けても良いのか自己判断で悩み中。多分このまま使います。今までで一番効果を感じたクリームです。浮気する気が全くしない。

口コミをさらにチェック

デメランクリームとグライコとの違い

口コミにもあるようにグライコデメランクリームと同じくグリコール酸を主成分とする商品で、同じようにピーリング効果があるため、比較する人も多くみられますね。
ですが、デメランクリームとの違いは、アルブチンやコウジ酸を含んでいないことです。

効果についてはグライコのほうがあっている人もいれば、デメランクリームのほうがあっている人もいるので、どちらもチェックしてみるといいと思います。

まとめ

・デメランクリームは美白成分アルブチンとコウジ酸ピーリング効果のあるグリコール酸を含む商品で色素沈着を改善しシミを目立たなくする効果がある。

・ハイドロキノンはできたシミを除去する働きがあるのに対し、デメランクリームはシミができる前に作用するので同じ美白成分でも働きが異なる

・トレチノインとハイドロキノンによる美白療法より、副作用が少ないので、副作用が怖い人にはまずはデメランクリームを使ってみることをお勧めします。

また、ピーリング効果があるため、普段より日焼けしやすいので紫外線対策は必須ですよ!

 本音の美容ブログ
本音の美容ブログ
http://honnebiyou.com/2019/05/14/post-589/
Real beauty blog