楽に痩せられる!?ダイエットに効果のある食べ物が科学的に判明!

楽に痩せたい!ダイエットをしている人なら誰でも思うことだと思います。

ですが、そんな簡単ではないダイエット。つらい食事制限や運動をしてもリバウンドして気がめいっていませんか?
「巻くだけダイエット!」、「食べるだけダイエット!」、「履くだけダイエット!」なんて、どれも嘘くさいものが多いですが、実は科学的に証明されているダイエットに効果的な食材があるのです。

まだ、つらいダイエット続けますか?
これを知って賢くダイエットを成功させましょう。

痩せる方法とは?ダイエットを続ける秘訣!

では、どうやったら痩せることができるのか。
痩せる方法はいたってシンプルです。
それは、摂取カロリー<消費カロリー

「糖質制限ダイエット」や、「脂質制限ダイエット」などもありますが、結局はこの2つのカロリーが高いからカットすれば痩せるという話で、体重だけ減らすのであれば、摂取カロリー<消費カロリー。これだけです。
ですが、カロリーだけに目を向けていてはいけないのも事実です。
健康的にきれいに痩せるのであれば中身重視。
同じカロリーのものを摂取し、体重の増減がなくても、肌や健康などには影響を及ぼすことを忘れてはいけません。

ダイエットが続かない原因と対策

ダイエットの基本は食事制限。
そもそもここを無視している人は、痩せるはずがありませんが、今まで好きなものを食べて何も気にしてこなかった人が、いきなり規則正しいバランスのとれた食事をしてカロリーを抑えるのはつらいことです。

そこでつらい→やめる→リバウンドに発展するわけですね。

では、楽して痩せるためには、我慢しないで食べる量を減らすことが大切になります。

無理なく自然と食欲を減らす方法

その方法は科学的に3つあります。

1,ホルモンを最適化して食欲を感じづらくさせる
2,食欲を暴走されるものを食べない
3,食欲を抑えてくれるものを増やす

1.プチ断食して食欲を減らす

ホルモンを最適化して食欲を感じづらくさせるとはつまり、プチ断食をすることです。

普段の好きなもの食べ放題から、いきなり食事制限をしても食べたい!食べたい!と我慢することになります。
ストレスは食欲を増加させるので、悪循環になります。

ですが、プチ断食に食欲を下げる効果があることがわかっています!

プチ断食をすると体内のホルモンの状態が変わってきて食べ物を求めるという感覚が減ってきます。
なので、ただカロリー制限をして痩せるよりもプチ断食で痩せるほうが圧倒的に楽に感じます。

そしてプチ断食にはメリットがたくさん↓↓↓

2,食欲を暴走されるものを食べない

食欲を暴走させるもの、それは、ストレスと脂質です。

ストレスにおいては、ダイエット中の食欲においてはプチ断食で軽減ができます。

そして、脂質(油)は食欲を増加させることが研究でわかっています。

ある実験によると、炭水化物食べたAチームと油モノを食べたBチーム、どちらも太ることには変わりませんが、油モノを食べたBチームのほうが、990キロカロリーも食欲が増えたという結果になりました。

食欲の暴走を抑えるためには、プチ断食によって食欲を減らし、油っこいものを食べないことが大切です。

ダイエット中は特にこの食べ物に注意!太る食べ物ベスト3位!

シンガポール国立大学の研究で、最も肥満の原因になる食べ物がわかっています。

最も太る食べ物1位はみんな大好きポテトチップスでした!
太っていた人の痩せた物語系の番組でも、必ずといっていいほで登場するポテトチップス。
確かに、安価だしおいしいですよね。

この研究では、イギリスに住む子供たち7歳から13歳まで4,646人の参加者のデータを調べました。体重や身長、活動量、毎日の食事などを分析して子供たちの肥満の一番の原因になるものを突き止めました。マーガリンやバター、揚げ物、油でソテーしたもの、ポテトチップス、フライドポテト、加工肉、砂糖入りの清涼飲料水などの様々な肥満の原因ではないかと言われている食べ物を調べたところ、最も太る食べ物がポテトチップスだったわけです。

引用元・https://daigoblog.jp/biggest-food/

ポテトチップスが太る理由

1.カロリーの密度が高いので少し食べるだけで高カロリー。
(100グラムあたり400キロカロリー前後)
2.お腹が膨らまないのでどんどん食べれてしまいます。
3.油分が多いので食欲を暴走させます。

2位はフライドポテト

ポテチよりは表面積の問題で悪くはないですが、ポテチと同じ理由で体にはよくないです。
これを知ってから子供とハンバーガーショップにいけなくなりました。

3位がソーセージやベーコンといった加工肉です。

これは家庭にあると便利でつい買ってしまう人も多いのではないでしょうか。
体に悪い加工肉は子供には特に食べさせたくないですね。

※また、別の研究で成人のアメリカ人を対象に行われた実験でも太る原因は変わらず、ポテトチップス・フライドポテト・加工肉だったという結果が出ています。
なので、太る食べ物は子供も大人も同じだということがわかります。

痩せる食べ物とは?ダイエット中に取り入れたい食品

このように、油っこいものは体に悪いだけでなく、食欲を増加させるのでダイエット中は特に避けたい食品だというお話をしました。
では、逆に痩せる食べ物は何でしょうか。そもそもそんな食べ物は存在するのでしょうか。

通常は飲んだだけで痩せるサプリや、食べただけで痩せる食品はないと思います。
もちろん痩せやすくするものはありますが、それは脂肪が脂肪酸になって燃えやすくなるため、そこで運動をすると効率よく脂肪が燃えますよというもので、脂肪酸になっても運動しないともとの脂肪に戻るので、摂取するだけで痩せるような魔法の食品やサプリはまずないでしょう。

食物繊維には食欲を抑える効果がある!?

食物繊維の多い食べ物はダイエットにいいです。

食物繊維は腸内環境を整える効果や、こんにゃく畑などからおなかに溜まることでダイエットにいいと今までも言われていましたが、新しく食物繊維がダイエットにいい理由が発見されたのです。

それは、食欲を抑えられること。

これは、まだマウスでの実験段階ですが、イギリスの科学誌『ネイチャーコミュニケーションズ』に掲載されたインペリアルカレッジ・ロンドンによる論文により、食物繊維は脳に働きかけて食欲をダイレクトに抑える効果があることがわかっています。

研究では、2つのマウスのグループを用意し、共に高脂肪のエサを与えつつも、片方のグループには『イヌリン』という食物繊維の一種も与えたところ、イヌリンを与えられたグループはそうでないグループに比べ、食事量も体重量も少なかったという結果が出たのです。

なぜ、食物繊維には食欲を抑える効果があったのか?

その秘密は、食物繊維を与えられたマウスの腸内に、大量に発生していた「酢酸塩」という物質。
これは、食物繊維が腸内細菌の餌となり、大腸で食物繊維が消化され発酵することで作り出される、短鎖脂肪酸の一種。

この酢酸塩が血液に乗って脳まで届き、食欲を制御する視床下部にも到達。
神経細胞に直接働きかけ、『食べることをやめる』よう信号を発信。マウスの食欲を抑えていたということです。

食物繊維を摂取するには、何を食べたらいいのか?

そこで、食物繊維を抑えるために何を摂取したらいいのかですが、オススメはモリンガです。

モリンガにはレタスの約40倍、ごぼうの約8倍の食物繊維が豊富にふくまれ、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方がバランスとてもいいのです。

その他にもモリンガは約90種類もの栄養素を含み、約300以上の効能をもったスーパーフードです。

モリンガについて詳しくはこちら↓↓↓

まとめ

・無理なく痩せるためには、食欲を暴走させるものをカットし、食欲を抑えるものを摂取すればいい
・食欲を暴走される原因は、ストレスと脂っこい食事であるため、プチ断食によってストレスなく食欲を抑え、脂っこい食事をとらないことが大切である。
食物繊維には食欲を抑える効果があるためダイエット中は特に積極的に摂取すべき。
・食物繊維ならモリンガが最強である。

また、この記事は、メンタリストのDAIGOさんのお話を参考に書いています。

いつ聞いてもDAIGOさんって話に説得力があってすごいですよね。

みなさんも賢くダイエットをしましょう。