副作用なしの効果のあるバストアップ方法まとめ

バストアップしたいけど、バストアップには副作用がつきものなんでしょ?
副作用なしにバストアップするにはどうすればいいの?

そんな悩みを抱えてはいませんか?

本記事ではそんな方のために以下の内容について解説します。

参考までに、この記事を書いている私の自己紹介。

元はDカップでおっぱいに自身がありましたが、出産と授乳を機にしぽんで形の悪いBカップに。
ですが、1年でFカップまで胸を成長させることができました。
参考・卒乳後のおっぱいが垂れる!バストアップに成功したビフォーアフター公開!

副作用なしの効果のあるバストアップ方法まとめ

副作用なしにバストアップなんてできるの?

結論から言うとできます。
(私は効果を感じました。)

なぜ、バストアップに副作用があるといわれているのか?

バストアップは女性ホルモン(エストロゲン)が乳腺を刺激し発達、発達した乳腺を守るために胸に脂肪がつくというものです。
そのため、女性ホルモン(エストロゲン)に似た化学構造であるプエラリアミリフィカという植物からできているサプリを摂取すると、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをしてくれるため、バストアップできるのです。

女性ホルモンはバストアップに関係する【エストロゲン】というホルモンと妊娠に関係する【プロゲステロン】がバランスよく分泌されています。
ですが、バストアップするためにサプリを摂取することによって【エストロゲン】のホルモンの量のが多くなり、ホルモンバランスが崩れることによって副作用が起こりやすいのです。

副作用についての詳しい説明や、副作用を起こしにくい飲み方などはこちらの記事で説明しているので、チェックしてください。

バストアップサプリは本当に効果があるのか?気になる安全性は?

女性ホルモンに似た成分の摂取は効果が高い分副作用が出やすいというデメリットがあります。

そこで、副作用が少ない方法で実際に私が効果が感じた方法を紹介します。

副作用なし!効果のあるバストアップ方法

ボルフィリン配合クリームを塗布

トータルカーブジェル(TotalCurveGel)

ボルフィリンは、フランスで実績のあるセダーマ社が研究・開発をし、ユリ科の『ハナスゲ』の根に含まれる「サルササポゲニン」と呼ばれる原料の中からDNA配列で解明されました。

脂肪細胞の増殖・分化を刺激し、「脂肪細胞のボリュームを増加する働き」があることが認められた新成分で、フランスで特許が取得されています。

バストのふくらみ評価試験

↑個人差はありますが半年で80ccのバストアップが可能という結果がでています。
ヒアルロン酸注射などでバストアップする際、通常片側80cc~150ccの注入で、1カップ程度のサイズアップが見込めるため、半年で1カップほどのバストアップが可能という結果に。

女性ホルモンに似た成分の摂取でバストアップするのではなく、脂肪細胞大きくすることを目的としているため、ホルモンバランスが崩れることなく副作用が少ないです。

参考・バストアップクリームの効果はある?なし?【ボルフィリンとは?】

ボロンで女性ホルモン(エストロゲン)を活性化

トリプルボロンコンプレックス3mg[Swanson社製]

ボロンはホウ素のことで、キャベツなどに含まれるミネラルの一種です。

ボロン(ホウ素)にはバストアップのカギである女性ホルモン(エストロゲン)を活性化する働きがあるので、バストアップの他、髪や肌がきれいになるなど女性にとって嬉しい成分です。
キャベツを食べるとバストアップするといわれるのは、このせいです。

ボロンは熱に弱く単体では吸収されにくいので、サプリでの摂取がオススメです。
サプリにはあらかじめ吸収を高めてくれる成分も一緒に配合されているので効率がいいです。

効果はプエラリアミリフィカに比べれば高くはありませんが、副作用は少ないです。

ボロンはバストアップに効果あり?【その理由を徹底解説】

モリンガで栄養を摂取しバストアップしやすい環境づくり

モリンガカプセル(Moringa Capsule)

バストアップに直接関係がなくても、女性ホルモンの分泌を促すたんぱく質や、たんぱく質の生成に欠かせないアミノ酸、血行促進効果のあるビタミンEなどを摂取しバストアップしやすい環境を作ってあげることは大切なことです。

それを1つで叶えてくれるのがモリンガです。

モリンガとは、インドを原産とするワサビノキ科の植物です。
インド、アフリカ、フィリピン、インドネシアなどの亜熱帯の国々では、古来より薬や美容、健康のために利用されてきました。

世界三代美女のクレオパトラが、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶を飲んで美しさを維持していたという話もあるそうです。

モリンガは、人間や動物にとって重要な栄養素が豊富に含まれていることから、ミラクルツリー(奇跡の木)とも言われています。

モリンガにはバストアップに必要なこれらの栄養はもちろん様々な栄養が含まれています。
栄養素の数はおよそ90種類!種類が多いだけでなく、含まれている量・バランスが共に理想的となっており、まさにスーパーフードといえます!

「人間に必要な栄養素の中で含まれていないものは無い」、「300の病気を予防する薬箱の木」、地球上の食べられる植物の中で「最も高い栄養成分を含む植物」と言われることもあり、バストアップだけでなく、健康・美容におすすめなのです。

参考・モリンガの効果がすごすぎる!便秘・ダイエット・デトックス・美肌も叶うスーパーフード!

筋トレで胸にハリを与える

筋トレに脂肪をつける効果はありません。
ですが、胸は大胸筋の上にあり筋トレで胸にハリを与え、バストアップしてくれる効果があります。

授乳や産後、老化によって胸の下垂が気になる人は特に取り入れてほしいです。

睡眠で成長ホルモン分泌

寝るだけでバストアップするとは言いませんが、睡眠がバストアップに関係しているのも事実です。
質の良い睡眠をとることができると、胸にしっかりと栄養が行き渡り、バストが育ちやすい(体内)環境をつくる事ができます

また、睡眠は成長ホルモンの分泌を促す役割があります。
バストアップの理論の話で、女性ホルモンと同じように重要視されるのが「成長ホルモン」です。

25歳くらいまでは女性ホルモンの分泌が多い時期なので、この年代に遅くまで起きていたり、睡眠不足をすると、女性ホルモンの量が少なくなるので、胸が大きくなりにくいということが言われています
成長ホルモンが乳腺にあるラクトゲン受容体に作用すると、バストの張りがよみがえり、胸が大きくなるとされています。
胸が小さい人はラクトゲン受容体が成熟していないため、おっぱいが成長しきっていない可能性もあるんです。

番外編 胸の形をキープする方法

バストアップ(胸に脂肪をつける)効果はありませんが、胸が垂れないよう形をきれいに保つのに大切なことは、下着選びです。

胸を支えてくれている命綱、クーパー靭帯は一度切れたら修復不可能なため大事にしなければなりません。
下着はホールド力がしっかりあるものを選ぶことが大切です。

私の愛用中・オススメ下着紹介↓

まとめ

副作用の少ない方法でバストアップ効果のあるものを紹介しました。

また、プエラリアミリフィカのサプリを摂取すると、必ずしも副作用があるわけではありません。
ホルモンバランスが乱れやすい生理中は飲むのを控えるなどと対策をとることで副作用なくバストアップすることも可能です。

サプリに副作用があらわれるというのは成分が強いということも考えられるので、ピルカッターで半分にし摂取する方法もあります。

副作用なくバストアップしたいという方の参考になればうれしいです。

★オススメ記事★